6月3日(土)三多摩アクション学習会「小田原ジャンパー問題から見えた福祉現場-三多摩の自治体では?」を開きます。2017年05月06日

びよんどネットも加わっている「生活保護費大幅削減反対!三多摩アクション」の主催で、「小田原ジャンパー問題から見えた福祉現場-三多摩の自治体では?」を開催します。ぜひともご参加ください。

■講師:渡邊潤さん(全国公的扶助研究会副会長 大田区生活福祉課面接員)
■コメント:中村順さん(小田原市検討委員会を傍聴した市民)
■報告:田所良平弁護士(立川市生活保護廃止自殺事件調査団)

日時:6月3日(土)午後1時30分から4時30分
会場:立川アイム(女性総合センター)第3会議室
参加費:500円(生活困窮者200円)



5月の予定のお知らせ2017年05月10日

連休も過ぎ、1年で一番過ごしやすい季節になりました。公園回りもこの時期は蚊取り線香も使い捨てカイロも要らず、少しだけ身軽になります。

4月16日の蚤の市はおかげさまで天気にも恵まれ、多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。売上は6万2,000円、夏に公園回りで持っていく物資や活動資金にあてさせてもらいます。

5月の定例活動をお知らせします。
〇5月13日(土)午後4時から 食事会と井の頭、野川方面の公園回り。メニューは先日寄付してもらったアルファ米の五目おこわとお吸い物。
〇5月27日(土)出前びよんど。おにぎりを作り、公園を回ります。

オープン事務所は5月12日(金)、17日(水)、19日(金)、24日(水)、26日(金)、31日(水)のいずれも午後4時から8時までです。19日にパルブレッドのパンを持って、公園を回ります。

5月13日(きょう)の定例公園回りで配る「びよんどつうしん」2017年05月13日

びよんどネットでは毎月第2土曜日の公園回りで「びよんどつうしん」を配っています。その月に配る物資やびよんどの行事などを紹介します。きょう(13日)に配る「びよんどつうしん」です。


5月食事会のごはんは災害救助用アルファ米「山菜おこわ」。2017年05月14日

5月(きのう13日)の定例食事会のメニューは災害救助用アルファ米「山菜おこわ」と野菜炒めでした。自治体などから賞味期限切れが近くなった災害備蓄用アルファ米を提供してもらうことがあります。避難所などで使うために50人分と大量なので、食事会で皆で食べ、残りは野宿の人に配りました。初めての山菜おこわでしたが、今まで寄付を受けたアルファ米の中では一番おいしいと好評でした。ありがとうございました。


サービスラーニングの授業で、ICUの学生たちが来ています2017年05月21日

昨年から市内にあるICU(国際基督教大学)のサービスラーニングの授業をとっている学生たちを受け入れています

サービスラーニングは、学生がサービス活動(奉仕/ボランティア活動)を体験することで、学んできたことを実際のサービス活動に活かし、また実際のサービス活動から新たな視野を得るための教育プログラムで、ICUでは力を入れて取り組んでいるようです。

今年やってきたのは4人。「ホームレスの人と話をしたい」「日本社会の貧困について考えたい」などびよんどネットを選んだ理由はそれぞれですが、5月の食事会やオープン事務所、公園回りに参加しています。「アットホームな感じで話ができるとは思ってもみなかった」などの感想を語ってくれていますが、夏休みの1か月間、海外、国内のNGO・NPOの活動に参加するとのことで、びよんどネットでの活動がその入り口になることを願っています。