びよんどネットおたより 2017年5月第24号より転載【4】--ニュースで「生活保護を考える」(その3)2017年06月26日

 〈ニュース拾い読み〉

〇生活保護世帯、2ヶ月連続で減少 高齢者世帯は過去最多  (2017.5.10 朝日新聞)
今年2月に生活保護を受けた世帯は前月より516世帯少ない163万8944世帯だった、と厚労省が発表した。しかし、65歳以上の高齢者世帯は230世帯増の83万9073世帯で、過去最多を更新した、というニュース。ほぼ1年前に

〇生活保護、高齢者世帯が初めて5割超える 厚労省発表(2016.6.1 朝日新聞)
生活保護制度ができた1950年以降で初めて「高齢者世帯」の割合が50.8%となり、半数を超えた、とのニュースがあったが、低年金・無年金の高齢者が増え続けているのを背景に、この1年間で高齢者世帯が増え続けていることがわかる。厚労省の担当者は「高齢者が貧困に陥らないよう対策の検討が必要」とNHKニュース(昨年12.7)で語っていたが、その直前(昨秋)のいわゆる「年金カット法」強行採決など、安倍政治は残念ながら逆方向を向いている。

ちなみに、データが少し古くなるが昨秋発表の三鷹市の最新の統計資料では、2015年度の生活保護世帯数の内、高齢者世帯は46%。ただし、過去5年間の増加率を調べると、保護世帯数全体の増加は103%なのに比して、高齢者世帯数の増加は126%となっていて、増える勢いが突出していることがわかる。―― 一方こんなニュースも。

〇ホームレスの平均年齢60歳超す 10年以上が3割  (2017.4.5朝日新聞)
厚労省が「ホームレス自立支援特別措置法」に基づいて5年に1度実施しているホームレスの人の実態調査で、平均年齢が初めて60歳を超えた。今回の調査は4回目で昨年10月に路上で生活する約1300人に面接方式で尋ねた調査の結果だ。また、10年以上路上生活が続いている人の割合は34.6%となっている。??私たちびよんどネットは今年で10年目を迎える。これまで生活保護を申請し、屋根のある暮らしを始めるための支援をした人達は、およそ90名。生活保護の申請には至らなくても、何らかの支援、交流をして名前やニックネームで呼び合えるようになった野宿の当事者とOBは、その倍ほどにはなるだろう。

近年、若い人たちが増えているとはいうものの、私たちの経験でも、この10年間の公園回りで出会った人はやはり60代が4割で最多となっている。

―― こうしたなかで、ちょっと気になるニュース。
〇「ホームレス自立支援特別措置法」8月で期限切れ 失効か(2017.5.4産経ニュース)
国や自治体の責務を規定した同法は時限立法だが、政局にまみれた国会の6月閉会までに延長の声が上がらず失効の恐れがある、というニュース。ホームレスの人たちにとどまらず、すべての人間にとって生活の基盤である住宅を保障する政策が進まない中、ホームレスへの対応に国の責務を明記する法律もなくなるというのでは、より困難な状況の人が路上に残されて行くことになるのでは、と危惧される。


コメント

トラックバック