7月27日(木)びよんどくらぶ主催でバーベキューをやります2017年07月04日

急に暑くなりました。今年もびよんどくらぶ主催で、バーベキューをやります。
日時:7月27日(木) 12時から
場所小金井公園バーベキュー広場
持ち込み歓迎!ぜひともご参加ください。


びよんどネットおたより 2017年5月第24号より転載【6】ーー野宿の人の自転車、狙われる2017年07月06日


今年の1月下旬に、びよんどネットのオープン事務所にも長い間通ってきているAさんの自転車がいたずらされるという事件がありました。

この地域の路上暮らしの人たちの多くは、テント暮らしではなく、日中は荷物を持って移動しながら過ごし、夜に寝場所にしている公園などに戻ってくる、というスタイルですから、日中はどうしても大きな荷物を自転車に積み込んだり、肩に担いだりしながらの移動を強いられます。大荷物を積んだ彼らの自転車は、街の中でも人目につきやすい自転車といえるかもしれません。その自転車が狙われました。

武蔵野市中央図書館前に駐輪していたAさんの自転車が何者かによって、前輪のフレームやブレーキ固定板などがねじ曲げられたり、タイヤの虫ゴムが引き抜かれて空気が抜かれたりした上に、後部荷物部分を中心に火災が発生するという事件が起きました。幸い消火が早く、人的な被害や図書館施設への被害がなかったのが不幸中の幸いでした。

びよんどネットではその後Aさん本人と共に武蔵野警察署に対して、目撃者を探すなど充分な捜査をすることや、悪質ないたずらや攻撃から路上生活者の安全を守るために万全を期すこと、を求める申し入れ行動を行いました。残念ながら事件の真相はいまだに明らかにはなっていません。

7月の予定のお知らせ2017年07月07日

梅雨とも思えないほど、強い日差しが照りつける毎日が続いています。。直前になりましたが、 7月の予定をお知らせします。

先月後半から水曜日、金曜日をオープン事務所に来る人が1人増えて、 8人になりました。相談に来る人もいるので、狭い事務所がいっぱいの状態が続いています。 
蚤の市の売上げなどをもとに、下着類、ポカリスエット、虫除けスプレー、 ムヒ、蚊取り線香を買いました。8日の公園回りで、ティッシュやタオルも一緒に「ボーナスパック」として配ります。

7月の予定
〇食事会と公園回り
7月8日(土)午後4時から メニューはマーボ豆腐。食事会の後、おにぎりを持って公園を回ります。

〇出前びよんど
7月22日(土)午後4時集合。おにぎり、ゆで卵、蚊取り線香などを持って、公園を回ります。

〇パルパン配達
7月7日(金)、7月21日(金)

〇びよんどくらぶ主催BBQ
7月27日(木)12時から 小金井公園バーベキュー広場

〇オープン事務所
7月7日(金)
12日(水)、14日(金)
19日(水)、21日(金)
26日(水)、28日(金)
いずれも午後4時から8時まで。


毎年恒例の「ボーナスパック」を配りました2017年07月09日

昨日(8日)は、7月の定例食事会と公園回りでした。公園回りでは、蚤の市の売上げなどを元に、毎年恒例のボーナスパックを作り、野宿している人たちに配りました。配ったものはシャツ、パンツ、靴下、虫除けスプレー、かゆみ止め、ポカリスエット、蚊取り線香、タオル、ティッシュです。

公園回りの途中で、おとといのパン配達で初めて出会った人と会ったので、これからのことを相談しました。4月頃から野宿しているということで、役所・病院が休みのため、週明けから一緒に動きます。

猛暑の中、脱水症状、熱中症で入院2017年07月17日

7月7日と8日の公園回りで、井の頭公園で初めて会った人がいます。7日に渡したパンに手を付けていないので、話を聞くと、6月初めからほとんど何も食べていないとのこと。吐き気がしてふらふらするというので、熱中症ではないかと疑いました。そして、10日に三鷹市役所に特別診療券を出してもらい、小金井市の桜町病院を受診しました。

桜町病院では診察結果を聞く前に、処置室で点滴を開始、そのまま入院になりました。特別診療券は入院では使えないので、本人の同意の下に三鷹市役所に生活保護を申請、生活保護での入院になりました。心臓に大きな持病を持っている人なので、心配しましたが、その後経過は順調で、点滴も外れ、食事も少しずつ食べることができるようになりました。

猛暑の中、普通に生活していても、熱中症になる人がたくさんいます。1月近くもものをほとんど食べないまま、身体が弱った状態で体力がなくなれば、若くても熱中症になる可能性があります。今回は偶然、私たちが公園回りで出会い、本人が思いきって診察を受けることを決断して、病院ですばやく治療を受けられたため、ことなきを得ました。そのままの状態であと何日か過ごしていれば、危なかったかもしれません。路上での生活が命の危険と隣り合わせであることを改めて実感させられました。

いつも特別診療券で制約を設けずに診察して下さる桜町病院の皆さんにも心より感謝いたします。ありがとうございました。