猛暑の中、脱水症状、熱中症で入院2017年07月17日

7月7日と8日の公園回りで、井の頭公園で初めて会った人がいます。7日に渡したパンに手を付けていないので、話を聞くと、6月初めからほとんど何も食べていないとのこと。吐き気がしてふらふらするというので、熱中症ではないかと疑いました。そして、10日に三鷹市役所に特別診療券を出してもらい、小金井市の桜町病院を受診しました。

桜町病院では診察結果を聞く前に、処置室で点滴を開始、そのまま入院になりました。特別診療券は入院では使えないので、本人の同意の下に三鷹市役所に生活保護を申請、生活保護での入院になりました。心臓に大きな持病を持っている人なので、心配しましたが、その後経過は順調で、点滴も外れ、食事も少しずつ食べることができるようになりました。

猛暑の中、普通に生活していても、熱中症になる人がたくさんいます。1月近くもものをほとんど食べないまま、身体が弱った状態で体力がなくなれば、若くても熱中症になる可能性があります。今回は偶然、私たちが公園回りで出会い、本人が思いきって診察を受けることを決断して、病院ですばやく治療を受けられたため、ことなきを得ました。そのままの状態であと何日か過ごしていれば、危なかったかもしれません。路上での生活が命の危険と隣り合わせであることを改めて実感させられました。

いつも特別診療券で制約を設けずに診察して下さる桜町病院の皆さんにも心より感謝いたします。ありがとうございました。